耐震補強体験記トップページ

木造住宅の耐震診断から補強工事までの体験をまとめました。

耐震補強体験記とは

アクセス頂きありがとうございます。
2005年、自宅の耐震補強工事を行いました。当サイトは無料診断から見積もり、耐震工事の体験を綴ったものです。木造住宅の耐震工事を考えられている方に参考にして頂ければと思います。

耐震補強の流れについて

耐震診断の申し込み

mokutaikyou-img.gif

万一、地震が起こったときに自分の家は倒壊しないだろうか?と不安に思っていました。一度耐震診断をしてもらいたいと考えていましたが、どこに依頼すればよいのか解りませんでした。そんな時、新聞広告で「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」の広告を見かけました。組合員数や技術認定制度を導入している点などから判断して安心して依頼できる業者だと思います。無料診断依頼までの手順と診断内容について説明します。

続きは→「木耐協の無料耐震診断と耐震補強について」ページをご覧下さい。


実地耐震検査

topimg5.gif

無料耐震診断を申し込むと、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合から、調査を担当する業者名の連絡が入ります。業者からも調査日程についての連絡が入ります。耐震診断当日は右のような「耐震技術認定者証」を持った調査員が家に来て耐震調査を行います。調査内容は主に下記のような内容です。

  • 地盤や基礎の状態
  • 建物の形と壁の配置
  • 筋交いと壁の割合
  • 建物老朽度

続きは→「実地耐震診断」ページをご覧下さい。


検査報告の説明と補強提案

topimg1.jpg

耐震調査にもとずいて診断結果がでると、調査員が再度説明に来てくれます。耐震診断で「やや危険です」や「倒壊又は大倒壊の危険性があります」という結果が出た場合は同時に耐震補強案や補強工事の見積書も提示されます。

続きは→「耐震調査の結果報告と補強提案」ページをご覧下さい。


耐震補強工事

topimg3.jpg

補強工事案と見積書に納得すれば、耐震補強工事が行われます。主な工事内容は下記の通りです。

  • 耐震ボードによる壁の補強
  • ホールダウン金物による接合部の補強
  • 基礎のひび割れやシロアリなどの対策

続きは→「耐震補強工事の実施」ページをご覧下さい。


工事写真と定期健診

topimg2.jpg

耐震補強工事が終わりしばらくすると、工事写真が送られてきます。壁の中や床下などどのような補強を行ったのかが解ります。ホールダウン金物「いのちまもる」には保証があり、5年間の保証と3年間半年毎の定期点検が行われるようです。

続きは→「工事写真と保証書」ページをご覧下さい。


木造軸組み住宅の地震対策なら耐震補強体験記をご参考に! ©2005

実際の診断から補強工事までを説明、耐震補強体験記で事前に知識を